カーポートを見て「あまり意味ないんじゃないの」と思われる方も多いのではないでしょうか。確かに、上面に屋根がるだけの簡単な構造ですから、風に乗ったホコリなどを防ぐことはできません。しかし、直接的な雨などは防いでくれますから時間が経過した時の汚れ具合は有ると無いでは大きく差が出ます。また、自動車の塗装を痛める大きな原因の一つである紫外線を防いでくれますので、退色の目立ちやすい赤色などのお車にお乗りならば効果は大きいです。さらに、忘れてならないのが日常使いでの利便性の向上です。雨が降る中での車の乗り降りは意外に面倒です。手荷物があったり小さなお子さんがいたりする場合は特に気になります。しかし、カーポートがあれば少なくとも自宅での乗り降りで雨の心配をする必要はありません。そして、冬場に限った話ですが、屋根があるおかげで夜露が減りますのでガラスの凍結も少なくなります。エンジンをかけてすぐに走り出すことが出来ます。カーポートを検討中の方はこのような利便性についても考えてみてはどうでしょう。

北海道の住宅にもカーポートが必要です

建売住宅の欠点の一つ、車庫スペースがないことです。北海道のような土地が安いと言われる所でも、この車庫スペースがない場合が多くなっています。そのため、玄関前に裸でおくようになってしまいます。ですが、この北海道、車を裸で置くのは、非常に良くないことです。それは雪害に遭うからです。毎日のように降り続く北海道では、毎日車の積雪掃除から始まります。これでは時間の無駄と無駄な労力を使うことになります。また、屋根の雪を掃除する時、傷を付けてしまう心配もあります。そして不思議なことに、夏は夏で日差しがキツイこともあります。これは、車の塗装に悪いこと、夥しい訳で、避けるべきことでもあります。そこで活躍するのが、カーポートになります。雪の害から守ります、直射日光からも守るのが、カーポートの役目です。車庫の変りに、取り付けましょう。

カーポートを付けて損はありません

建売住宅を購入して、気が付く人が多いのが、ガレージがないと言う人です。都心でこそ車離れになっていることから、ガレージなどは要りませんが、都心を離れた地区になると、最低でも軽自動車かファミリーカーが必要になって来ます。せっかくの新居の前に、車がドンと置かれても、あまり姿の良いものには見えないでしょう。そこで、車の保護と見栄を解決するためには、カーポートを用意するのが良いと考えます。カーポートですと、設置にさほど場所も取ることはありません。また直射日光や、風雨から車を保護することすることになります。ワックスをかけた後、すぐに雨が降っても、若干濡れるだけで済みます。ガッカリ度は、かなり違うものでしょう。そんな車の保護に、カーポートの設置を考えてみては、いかがでしょう。決して、損なことはないはずです。

Leave a Comment.

*