あらためていうまでもなく、マイカーをできる限り魅力あるように長く活用したいと希望している利用者は多いことと考えられます。自動車を長期にわたり、良好な状態で、使うことを望むなら、メンテナンスは言うまでもなく駐車する周辺環境も、非常に重要だと言えます。そこでカーポート設置が、有効になります。設置するアドバンテージとしまして、自家用車を風雨から保護して貰えるので洗車の頻度を少なくできます。また、冬のシーズンの霜取りの際の時間を少なくでき、朝方のあわただしい時間にもマイカーの雪おろしの繁雑さが省略することができます。そして太陽光に含まれる紫外線をほとんどカットする屋根があり、塗装やシートの日焼けを阻止します。また、人間の乗り降りあるいは積荷の積み下ろしの時に降雨の時でも傘を必要としないので本当に機能的です。

カーポートをすることによって車は長持ちします

車は夜露に当たると塗装が剥げるのが速いです。ワックスを頻繁に掛けていれば大丈夫ですが、ワックスをあまりかけないで雨ざらしで駐車していると禿げてきます。屋根のない駐車場を借りるとそのことがよくわかります。塗装が禿げないようにする為にはカーポートをして夜露に当たらないようにするのが一番です。これを作りその中に車を置くようにしているとワックスがけをあまりやらなくても塗装が剥げることはありません。これ自体はそれほど高くありません。しかし立てるのが大変です。工事をしないといけないのでその部分に別途に工事費が掛かります。器用な人なら自分でできないこともないですが、やはり業者に依頼するのが見栄えの点から考えていいと思われます。ホームセンターで販売されていますが工事をやってくれるところもあるようです。買う時に訊ねて工事をやってくれるならそこで依頼するのが便利です。

カーポート設置の重要ポイント

カーポートを設置する利点については、ひとつの例として、当たり前の話でありますが、降雨のときは、雨にびっしょり濡れにならずに自家用車の乗り降りが可能です。それから、マイカーを雨から保護してもらえますので、洗車の頻度数を減らすことが実現できます。加えて、タイプにもよりますが、夏のシーズンの陽射しから自動車を守り通し、自動車の中の温度の上昇をセーブすることが可能です。その上、仮に風が吹き荒れる日に物が飛ばされてきても、屋根がありますのでダイレクトなダメージを防ぐことが出来るという見方もできます。言うまでもなくエリアや目的によってカーポートの機能も変化します。ひとつの例として、豪雪のエリアでしたら、雪の重さに持ちこたえられるカーポートを選択することが不可欠です。反対に夏のシーズンの熱がハードなエリアでしたら、遮熱の効果のあるものを選択するべきだといえます。加えて、台風がたくさんあるエリアでしたら、風に持ち堪えてくれる強さのあるものを選択するように留意してください。

Leave a Comment.

*