北海道の一戸建てには、カーポートの設置がオススメです。車を持っている人の多い北海道では、とても需要も多いです。車庫よりは気軽に建てられますし、雨や雪などから車を守ることができるので、あるととっても助かります。たとえば、冬の北海道では毎日のように雪が降りますよね。雪が降ると、車の屋根やガラスについた雪を必ず落とさなければなりません。それだけで、数分はかかってしまうので忙しい朝やすぐに出かけたい時には、かなり不便です。しかし、カーポートがあると、車に雪が積もることが無いので、すぐに出発することができますよね。毎日のことなので、この差は意外に大きいでしょう。また、夏場などは、カーポートの下でバーベキューを楽しむこともできます。雨の日もOKですし、日よけにもなるので、どんな天気でもバーべキューができるでしょう。

カーポートの雪対策について

大雪が降るとカーポートは壊れてしまいます。もし駐車している間に壊れてしまったら車が下敷きになって被害が拡大してしまいます。ですから、しっかりと対策をとらなければいけません。雪が積もってしまい、その重さにカーポートが耐えられなくて倒壊するというパターンが多いでしょう。雪国では積雪に対応したものがポピュラーです。雪が積もらないように、自然に落ちるように設計されたものなど、工夫されています。もし積雪が多い地域に住んでいる場合はそういった商品を選ぶようにしましょう。自分で出来ることは雪下ろしです。壊れてしまわないか心配しているくらいなら自分で雪下ろししてみましょう。耐えられる基準の積雪の半分程度になったら、早めに対策しましょう。早め早めの対策が被害を防ぎます。早めに雪下ろしをすることでカーポートに負担をかけなくて済みます。

カーポートの屋根を強風から守りましょう

夏から秋にかけて台風は必ずやってきます。強風などでカーポートの屋根が吹っ飛んでしまうというトラブルが必ず発生するでしょう。カーポートはしっかりとしたコンクリートなどの車庫とは異なり、通常の雨風をしのぐ程度の強度しかありませんから、まともに強風の影響を受けてしまいます。そもそも、強風を受けると屋根が飛ぶように作られているカーポートもあります。確かに柔軟に作られているからこそひどい被害を避けるという可能性もありますが、屋根が飛んでいくのを見過ごすわけにはいきません。設置する際に柱を左右どちらに置くのか、設置場所をどこにするのか、向きはどうするのかをしっかりと検討するだけで風をまともに受けないで済みます。風向きは必ず法則がありますが、安定しない場合は支柱を両サイドにたてるものを選ぶことをおすすめします。強風対策をしっかりしましょう。

Leave a Comment.

*