Press "Enter" to skip to content

福井県で介護士の求人を効率よく見つける方法

福井県の総人口はおおよそ88万人で、平成31年4月1日現在の65歳以上の人口はおおよそ23万人です。全国平均よりも高い高齢化率は今後も上昇し2045年には、10人に4人は高齢者になると見込まれています。これからの超高齢化社会に介護士の仕事は需要が多く必要とされる仕事になります。また、60%以上の事業所が人材不足を感じているので、福井県内の介護に関する求人は多くあります。介護の仕事は、「きつい・汚い・給料が安い」という3Kのイメージがありますが、実際に働いてみると楽しいことややりがいが多くあり、多くの施設はシフト制で比較的自由が利く仕事でもあります。介護の仕事は高齢者の身の回りのお世話をするのも大切な仕事ですが、社会全体で支える仕組みとなっており、介護士は高齢者の自立を助けるというのが仕事です。

介護のお給料を今よりも上げる方法は資格を取ること

2019年10月に勤続年以上の介護福祉士の月給8万円相当の処遇改善手当てが確定されました。福井県の平均月給はおおよそ20万円で、パート・アルバイトの平均時給は1150円となっています。もっと給料が良いところに行きたいと考えておられる方もあると思います。中途採用時に最も月給を左右するのは「保有資格」です。最も反映されるのは「介護福祉士」です。介護士の求人にも資格保有者を優先する施設もありますのでチャレンジしてみると良いでしょう。介護福祉士は国家資格ではありますが、働きながら資格を取る方法があります。実務経験が3年以上あり、かつ540日以上働くことと450時間の実務者研修講座を修了し筆記試験を受けることで、資格取得ができます。福井県では福井市や駿河市などで介護福祉の大手スクールがありますので、資料請求がおすすめです。

介護職を辞めてしまう前に悩みを解決しましょう。

様々な職種や年齢が働く介護士ならではの複雑な悩みがあります。そんな悩みを少しでも解決できる方法があります。まず悩みを紙に書いて整理しましょう。次にすべての人に好かれようとせず相手との心地よい距離を保ちましょう。また第3者に相談することも大切です。相談時の注意点は愚痴にならないように困っている事実のみを客観的に伝えることです。そのほかに、資格を取るなど自身のキャリアアップをすることで人間関係もうまくいくこともあるようです。また、イライラしてしまう「怒り」の感情を自分でコントロールすることができます。「怒り」のピークは長くて6秒なのでその6秒をやり過ごすことができれば、冷静な対応をすることができます。それでも転職したいという場合は、福井県にも転職に関する相談やサポートを行っているところもあります。求人情報サイトにもあるので参考にしてください。