Press "Enter" to skip to content

自分に合った介護士の求人を福井で見つける方法

日本全体で少子高齢化が大きく取り上げられる中、福井県の現状はどうなのだろうか。福井県では2015年調べで、総人口約78万5千人から、10年後には約73万1千人に減少すると推定されますが、75歳以上の人口は、11万7千人から14万3千人に増加されると予想されます。医療費・介護給付金ともに1人あたりの金額は高いとされます。介護保険施設は全国平均レベルに対して、高齢者住宅は全国平均レベルを下回ります。これはどういうことかというと、バリアフリーが整った施設に入居し、医療と介護が連携できている安心な環境で暮らすことのできる住宅はあるが、介護保険を適応することができる介護サービスの場所で、住宅への復帰・自立を目的に心身ともに機能回復の訓練を受ける施設は少し足りない状況になります。国も県の政策も、高齢者住宅の建設に伴い、福井県の介護士の求人は必須課題であるとされています。

介護職員、勤務地はどんなものがあるか

介護の仕事に携わっている人を介護士とまとめるとしたら、とても多くの仕事内容があります。昔の名称で「介護ヘルパー」と呼ばれる資格は、40歳以上の女性が取得することが多いですが、男性は40歳未満の方が主流です。介護保険制度施工後、介護職就く方の数は12年間で約3倍になっています。「介護福祉士」の資格取得人口も増え、年齢もさまざまな方がいます。具体的な働き内容としては、半日や一日利用して帰宅するデイサービスや、入居して暮らす老人ホーム、あるいは自宅で暮らしながらの生活支援を求める方のもとへ出向く仕事などがあります。「介護職員初任者研修」は必要ですが無資格でもできるお仕事もあります。福井県の介護士求人でも介護施設で務める方は常勤が多く、訪問介護員の数は非常勤の方が占める割合が高く、訪問介護員の人数の方が不足傾向になっています。

どんどん必要とされる介護職員の求人検索

福井県の介護士の求人はたくさんあります。圧倒的な掲載数の多さならネットでの求人サイトです。情報量も多く、最初に細かくしぼり込めるので、自分の重要項目を基準に考えられます。家の近所などで探している場合は、折り込み広告やポスティングで入っていたものの方が比較的エリアが近いかと思います。時間がある方は、ハローワークがいいかもしれません。信頼度も高く、紹介状がある場合も。介護職の中でも仕事内容も把握した上で応募できます。勤務時間・休日・お給料など条件が多くある方は、人材紹介会社がいいです。コンサルタントが間に入って交渉してくれたりするので納得して勤務できます。派遣のような形態を望むなら人材派遣会社がいいです。介護職は、やはり大変な仕事内容と、人材不足も問題となっているので、従業員さんも負担を多く背負っていることが多いです。面接の時や、ずっと求人している職場などは少し注意をするといいかもしれません。